伽倻琴散調祭り

  • Print
伽倻琴散調祭り
「伽倻琴散調」を生み出し、散調の創始者となった楽聖・金昌祖は、霊岩邑会門里で生まれ、北朝鮮でも于勒以来最も偉大な民族音楽家として仰がれている。

北朝鮮の伽耶琴教本(1958年9月11日発刊)には「彼は朝鮮音楽史上、特殊な位置を占める。彼は大演奏家であると同時に卓越した作曲家でもあった。特に彼の作曲した[伽倻琴散調]は、我々の人民音楽分野における不滅の功績として認められ、散調は伽耶琴のみにとどまらず、各器楽曲ジャンルの形式に多大なる貢献をした」と紹介されている。

金昌祖のほかにも霊岩は金炳昊、韓成基、金竹坡など、伽耶琴の名人が生まれており、韓国伝統音楽の聖地として新たに注目されている。金昌祖の偉大な業績を称え、民族の伝統音楽である散調の歴史性と芸術性にスポットを当てる「散調祭りと学術会議」が毎年、霊岩とソウルで開かれている。