イチジク祭り

  • Print

イチジク祭り

  • 場所 : 栄山湖観光地内体育公園、現代三湖重工業南門駐車場
  • 主催 : 三湖邑文芸体育イベント推進委員会
  • 主管 : 三湖邑文芸体育イベント進行委員会
韓国のイチジク生産の70%を占めている霊岩郡三湖邑でイチジクが生産される毎年9月に、三湖邑民の日のイベントと共に『イチジク祭り』が開催されている。

天の恵み・神秘のイチジク

イチジクの特性
地中海沿岸の小アジア(トルコ)地方が原産地で、クワ科に属し、果肉は花托と子房が発達してできたもので、タンパク質と繊維質の多いアルカリ性の栄養果実だ。イチジクは亜熱帯性半喬木性落葉性果樹で、韓国最南端の霊岩郡三湖邑および近隣地域で集団栽培されている。霊岩郡三湖邑では最大農協組合長・故パク・ブギルさんの主導の下、栽培果樹として技術開発し現在に至っている。
イチジク商品
ジャム、酢、イチジクで育てた韓牛、生のイチジク、フルーツポンチ、ダンゴ、チヂミ、ロール、缶詰、食肉軟化剤、ドライフルーツ、イチジクスープなど