ホーム > 投資案内 > 投資環境

投資環境

一般現況

  • 位置 : 全羅南道西部圏の中心地域で、世界物流交易の前進基地
  • 面積 : 565.6㎢
  • 人口 : 61,716人
  • 気候 : 年平均13.5℃

地域特性

  • 地理的 : 全羅南道の新道庁および南岳新都市に隣接した環黄海圏経済の中心地
  • 環境的 : 美しい自然環境に恵まれリゾート型観光資源が豊富で、悠久な文化歴史の息づく地域
  • 産業的 : 大仏国家産業団地や三湖地方産業団地などのある西南圏最大の工業地域

産業団地および農工団地

国家生産交易の前哨基地-大仏国家産業団地
大仏国家産業団地
  • 規模 : 12,978,000㎡ (産業団地11,567,000/住居団地1,411,000)
  • 一般団地 : 8,793,000㎡
  • 外国人団地 : 1,156,000㎡
  • 入居企業 : 250社
三湖地方産業団地
  • 新北農工団地
    - 規模 : 138,229,000㎡
    - 入居企業 : 10社
  • 郡西農工団地
    - 規模 : 140,893,000㎡
    - 入居企業 : 15社

基盤施設

現代三湖重工業-豊かな21世紀の海洋時代を切り開く
  • 木浦空港(国内線) : ソウルとの間を週7回運航
  • 西海岸高速道路(仁川~木浦)開通
  • 湖南線高速電鉄開通(ソウル∼木浦)
  • 木浦~光陽間高速道路の建設で光陽湾圏へ1時間台でアクセス可能に
  • 大仏港 : 現在2万トン級3船席を活用
  • 木浦新外港 : 2∼3万トン級12船席を推進中